しじみのお味噌汁はぜひ赤だしで!美味しく作るコツを紹介


しじみのお味噌汁はどんなお味噌で作りますか?味噌ってそれぞれの家庭で「ウチはこれ!」と決まっていることが多いかもしれません。一般的にしじみに合うお味噌は赤だしといわれていますが、赤だし味噌を普段あまり食べていなければ、いざ赤だしでしじみのお味噌汁を作ろうとしても、上手に作る自信がないかもしれません。

しじみのお味噌汁を赤だしで!美味しく作るためのコツを紹介します。

 

そもそも「赤だし」ってどんなお味噌汁?

赤だしといえば、赤味噌で作ったお味噌汁だと理解しているのではないでしょうか。でも元をたどれば会食料理などの和食で出される汁ものであり、普通のお味噌汁よりも格上の存在、それが「赤だし汁」なのだそうです。
赤だしに使われるのは、赤味噌と呼ばれる豆味噌をベースに他のお味噌や鰹節などをブレンドした調味味噌です。和食の料理人が独自のブレンドで赤だしを提供していますが、家庭でも手軽に赤だしを作れるように調合し、販売されているのが「赤だし味噌」です。この赤だし味噌を使って作るお味噌汁を、赤だしと呼んでいます。

 

赤だし味噌と他のお味噌の違いについて

赤だし味噌に使われている赤味噌は、大豆を発酵・熟成して作られます。赤味噌は高温で長期間熟成されるので色が濃く、保存するために塩分濃度が高いのが特徴です。
お味噌には白味噌もありますが、こちらは大豆に米を合わせて発酵・熟成させたもので、熟成期間が短いため色が白く塩分濃度は低いです。
長期間熟成させる赤味噌は塩気が強いですがコクがあり、塩分濃度が低い白味噌は麹による糖分で甘いのが特徴です。
赤だし味噌は塩分濃度が高い赤味噌がベースになっていますが、甘みのある白味噌をブレンドし調味料も入っているので赤味噌そのものよりも塩気が強くありません。

 

赤だし味噌としじみの相性は抜群!

しじみを使ったお味噌汁は、どんなお味噌を使っても美味しくいただくことができますが、特にしじみと相性の良いのが赤だしなんですね。赤だしは魚介類や肉類を具にすると美味しいといわれていますが、これは赤だし味噌に使われている豆味噌に臭みを消す効果があるからなのだそうです。
しじみも人によってはニオイが気になるかもしれませんが、赤だし味噌を使った味噌汁にすることでニオイも気にならないし、コクのある赤だしによってしじみの旨味も倍増、至福の一杯になりますよ!
ただ注意したいのが、赤だし味噌の分量です。赤味噌以外のお味噌を普段食べている人なら特に気をつけて欲しいのですが、赤だし味噌は塩分濃度が高めですから白味噌と同じような使い方をすると、ちょっと塩辛いかも。
また、しじみからも塩味が出るので、赤味噌に慣れている人でもしじみのお味噌汁の場合はお味噌を控えめにすると良いでしょう。

 

美味しい!しじみの赤だし味噌汁のレシピ

適当にしじみのお味噌汁を作ってきた人なら、しじみのお味噌汁の本当の美味しさをまだご存知ないかもしれません!下ごしらえも手を抜かないで、押さえておくべきポイントに注意して、美味しいしじみの赤だし味噌汁を作りましょう。

詳しいレシピを紹介しますね。

材料(4人前)しじみ200~250g、水500ml、赤だし味噌20~30g あれば三つ葉や小口ネギなど

・下準備
しじみはそのままでは砂が含まれているので、まず砂出しをします。砂出し済みのしじみも販売されているので、そちらならこの手間を省くことができますね。
しじみが生息しているのは「汽水域」という海水と淡水がまじりあっている場所です。完全な淡水ではないので、砂出しは真水ではなく塩水を使いますが濃度は1%にします。1%の塩水は、水500mlに対し、塩小さじ1杯(約5g)の割合です。
塩水をバットかボールにいれ、しじみを重ならないように平らに並べます。水の量が多いとしじみが窒息してしまうので、しじみの上部分がちょっと出るようにひたひたにします。新聞紙などを上に掛けて冷蔵庫に入れ、3時間程度置いておきます。長く放置し過ぎるとしじみが弱ってしまいますから注意しましょう。
砂を吐いたら洗いますが、両手でこすり合わせるようにして流水で汚れを洗い流します。

・作り方

1.鍋に水としじみを入れ中火にかけます。
2.しじみの殻が開き、アクが出てきたら取り除きます。
3.赤だし味噌を溶き入れて火を止め、三つ葉や小口ネギを散らします。

しじみから塩味が出るので赤だし味噌は気持ち控えめにし、味を見ながら調整しましょう。だし汁を使わなくてもしじみの旨味で美味しくいただけますが、かつおと昆布などでとった出汁を使っても良いでしょう。
具はしじみだけでなく豆腐や貝割れなどプラスしても美味しくいただけます。

 

まとめ

しじみを使った赤だし味噌汁、案外簡単に作ることができますね。しじみは一年中出回っていてしかも安価、栄養たっぷりだしオススメの具材です。しじみとベストマッチの赤だし味噌汁、いつものお味噌で作るよりもハマるかも?
押さえておくべきポイントを忘れなければ大丈夫、さっそくしじみの赤だし味噌汁を今日の献立に加えてみてはいかがですか。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です