暑い夏だからこそ味噌汁?! 美味しく飲んで夏の不調を解消しよう!

味噌汁と言えば和食の定番ですよね。
しかし暑い夏に味噌汁はちょっと…。と敬遠する人も少なくありません。
必要以上に汗をかいてしまう。
冷たいものを飲みすぎてしまう。
など、夏だからこそ温かい味噌汁を食事のどこかに取り入れてみることをおすすめします。
夏だからこそ美味しい夏野菜をいつもの味噌汁にプラスすることで、いつもとはまた違った味わいを楽しむことができちゃいます。
味噌汁は、中に入れる具材で微妙に風味や味に変化をつけることができるので、ぜひ暑い夏だからこそ不足しがちな栄養素を取り入れつつ毎日の食卓に並べてみてはどうでしょう。

 

夏野菜を使った夏に美味しい味噌汁レシピ

夏に旬を迎える美味しい夏野菜といえば、色の鮮やかなトマトやなすび、ズッキーニなどがあります。
それらの食材に味噌汁って合うの?とちょっと疑問に思うかもしれませんが、ちょっとしたポイントを抑えることで味噌汁では定番の豆腐やわかめ、大根などとはまた違った味わいを楽しむことができるんです。
早速、夏野菜を使った夏に美味しい味噌汁のレシピをいくつか紹介していきますね。

● 夏の疲労回復におすすめ「トマトの味噌汁」

トマトには、疲労回復効果のあるクエン酸やリコピンが含まれているので夏に飲みたい味噌汁です。味噌汁にトマトの組み合わせはミスマッチに感じるかもしれませんが、とんでもありません!!トマトの程よい酸味と甘みが味噌にマッチして美味しいです。

材料(4人分):

・トマト 1個(ミニトマトなら約6個)
・水 500ml
・味噌 40g

出汁をとった水に味噌を溶いておきます。
トマトは、湯煎して皮を剥いて、一口大に切っておきます。
味噌汁の中に、一口大に切ったトマトを入れ少し火が通れば完成!

トマト以外の具材として大葉を刻んだものを加えるのもおすすめです。
また、乾煎りしたしらすをプラスすると見た目はもちろん美味しさも広がります。

● 焼きなすと油揚げの味噌汁

なすには、夏の暑さで蓄熱された体の熱を外へと逃す作用があると言われているカリウムが豊富に含まれています。
なすと油揚げそして味噌の相性は抜群!
フリーズドライの味噌汁でも人気の具材として定番となっています。

材料(4人分):

・なすび 2本
・油揚げ 1/2枚
・水 500ml
・味噌 40g

なすは、食べやすい乱切りにして油でしっかり炒めます。
油揚げも食べやすい大きさに切ります。
鍋にだし汁を入れて熱し炒めたなすと、油揚げを入れて沸騰したら火を弱めて味噌を入れれば完成。
なすは、しっかりと焼き色をつけることと、ごま油で炒めると風味が増して美味しいです。

● オクラの味噌汁

オクラにはカルシウムが豊富に含まれているので、夏の暑さからくるイライラも鎮めてくれる効果があります。
オクラ独特のねばねば感が夏バテ防止に一役かい元気にさせてくれる味噌汁です。

材料(4人分):

・おくら 2本
・水 500ml
・味噌 40g

下準備としておくらは、塩ずりをして水で流しておきます。
鍋にだし汁を入れ熱し、味噌を解いておきます。
ヘタをとったオクラを、お好みの輪切りにして味噌汁の中に入れ、好みの柔らかさになったら完成。
オクラと一緒に豆腐を入れても美味しくなります。
また、完成した味噌汁にほんの一滴ごま油をたらすとごまの風味の広がる味噌汁が食欲をそそります。

● ズッキーニの味噌汁

汗と一緒に流れてしまうカリウムが豊富に含まれている夏野菜ズッキーニで作るお味噌汁は、なす以上にクセがなく美味しく食べることができます。夏だからこそ楽しむことのできる具材です。

材料(4人分):

・ズッキーニ 1/2本
・水 500ml
・味噌 40g

ズッキーニは、食べやすい大きさに切っておく。
だし汁にズッキーニを入れ、ズッキーニが柔らかくなったら火を弱めて味噌を溶いていきます。
ズッキーニにトマト、ズッキーニにとうもろこしの組み合わせも相性抜群!
味噌汁なのに洋風スープのような味わいを楽しむことができます。

 

夏の運動後には味噌汁で塩分補給をしよう!

ただでさえ夏は暑いのに、その中で運動をするとさらにたっぷり汗をかいてしまいますよね。
汗はただ体の水分を放出するだけではなく、体の中の塩分も放出していきます。
私たちの体は、水分はもちろん塩分が不足すると熱中症を発症し命に関わってしまいますので、汗のかく運動をしたり、夏の暑い季節には、意識して水分や塩分を補うことが大切です。
特に、夏に運動をしたあと、水分をとって安心している人や、高血圧などが気になると塩分を制限しているという高齢の人は要注意!
味噌汁1杯分には、約2.5gの塩分が含まれています。
1日に約10g以下の塩分摂取が推奨されていますが多くの人は約12gの塩分を毎日摂取していると言われているので、汗で不足した塩分は、特に意識しなくても1日の食事の中で味噌汁を飲む習慣があれば、塩分補給は十分です。
暑い夏だからこそ意識して味噌汁を食事の中に取り入れてみるようにしましょう。

 

夏の食欲不振やむくみなどにも効果あり

暑い季節になると、夏バテになり食欲不振や、余分な水分補給などからむくみがひどくなるなどの症状を起こしてしまいますよね。
実は、夏の食欲不振やむくみなどの症状も、味噌汁を飲むことで解消させることができると言われています。
味噌の主原料である大豆には、夏バテなど夏独特の体調不良に効果的なタンパク質やカルシウム、ミネラル、ビタミンB2などが豊富に含まれています。
また、発酵食品ということから、胃腸の免疫力を高め整える効果も期待できます。
これらの効果のある味噌汁に、夏独特の症状を解消させる具材を組み合わせて飲むことで、さらに効果を高めることができるようになるので味噌汁は夏こそ飲んでおくべきメニューです。

 

まとめ

夏に美味しい旬の野菜を使用した味噌汁は、一見、美味しいだろうか?と疑いたくなる組み合わせに感じてしまいますが、実際に飲んでみるととても美味しいことがわかると思います。
味噌汁は、中に入れる具材によって味噌汁自体の味にも変化を加えることができる不思議なものです。
今回、夏野菜として人気の高いトマトやズッキーニ、なすなどのメニューを紹介しましたが、まだまだ種類も、組み合わせもたくさんありますので、自分の好きな具材で味噌汁を楽しんでみてはどうでしょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です